なぜ僕は『Linuxを見限りWindowsに戻る』事にならなかったのか

とあるまとめサイトに、『Linuxを見限りWindowsに戻った理由』みたいなスレのまとめがあった。

パソコンを毎日使う層には一応Linuxの名は知れ渡っているのだろう。
Windowsのセットアップくらい簡単にできる人はWindowsユーザーでも結構いるとして、その中でもWindowsを不便と思っている人も結構いるんじゃないだろうか。
色々なところで新しいWindowsを入れたが不便だ…使いづらい…などの声が聞こえるから、その人たちはOSのセットアップも簡単に行えてかつWindowsに不満を持っている人たちだろう。
そういう人が沢山いるのにも関わらずいまいちLinux系OSのシェアは伸びない。… 続きを読む

XPのサポートが切れる4月は脱Windowsをする絶好のチャンスだ

ついに来た。
XPの終了まで二ヶ月をきり、そしてWindows7も販売をそろそろ終了するという。
Windows7のメインストリームサポートも来年までで、さらにあと二年もすれば陳腐化するかもしれない。

Windowsで今後続けていくことにお金を使わなければならないことを避けたいと思っている人たちにLinux系OSを当ブログでは薦めてきた

Linux系は発展が早い上に、古いマシンでもサポートしてくれるし、何より無料だし、パソコンが買えないから時代においていかれるということはあまりない。… 続きを読む

Linuxの楽園に至るために克服すべきWindowsへの強い拘り

そろそろXPが終わる。また、7もメインストリームサポートが終わる。そして8.1は不評だ。
マシンを変えたいけれどお金はかけたくないのでLinuxのこと気になっている層が増えてきたと思う。

だが、Linuxユーザーになろうとしている人たちでも、デュアルブートだと仮想マシンだのでWindowsとの縁を切らないでやり過ごそうとしている人がいる。
だが、それではLinuxユーザーになったとは言えない。
Linuxを使ってみようと思ってWindowsのVirtualBoxか何かにUbuntuをインストールしたからと言っても、それでは100%の魅力がわからない。… 続きを読む

Windows7もそろそろメインストリームサポートが終わる

XPの寿命が近づいているね。
今更遅いけれど、乗り換え需要を見越してそれほど詳しくない人向けの記事が書かれたりしているね。

最近面白かったのは、数日前の日経に
「XPサポート終了を機に社内環境を見直そう」みたいな社説が載っていた。
いや、遅いだろ。なにもかも遅い。… 続きを読む