バスケ部主将自殺問題。人は恐怖より評価を欲しがる

あるいバスケット部主将が顧問の体罰に耐えかねて自殺した事件が起きたて、
体罰という行為がクローズアップされて問題視されているが、体罰よりももっと根本的な問題が有ると思う。

ニューズウィーク日本語版に『「追い出し部屋」と「体罰自殺」の何が問題なのか?』という記事を読んだが、
それではこの問題は体罰だけでなく精神的苦痛が原因で、このような問題が絶えないのは精神的苦痛に対する責任を問う法が整備されていないと書かれていた。

想像するに部員たちは現代の若者であり、主将が殴られていても「だから主将というのは損な役だよな」とか「可哀想だけど、俺達はそれなりに勉強時間も必要なので猛練習っていったって限界あるよな」というように「醒めていた」可能性があるように思います。あくまで想像ですが、そんな中で「チームを強くするためにお前を殴る」という顧問と、「自分は殴られ損」だとか「マイペースの部員と暴力的な顧問の間で自分は板挟み」という「精神的苦痛」を抱え込んでいた可能性が濃厚です。自殺の直接の原因は、体罰が「痛かった」からではなく、そうした種類の「精神的苦痛」だと思います。… 続きを読む