抱っこする宿題は効果少なく、救いが必要な児童の傷を広げそうである

小学校では、最近親に抱っこされるという宿題を出すところがあるとテレビで聞いた。
自分の周りではあまり聞かないのでどれほど普及しているか知らない。

テレビでは賛否両論という話だったけれども、たしかにこれは運用は難しいし、本来必要とされている家庭にはあまり効果を及ぼさないのではないのではないかと思う。

もともとの理念はなんなんだろうか。
家族の絆が希薄になっているという話は前々から聞いていて、一種のノスタルジーを伴って「昭和は大家族で良かった、今は不幸せだ。そして昔より希薄だ。」という文脈で語られていることが多かったように思う。… 続きを読む

中学生誘拐監禁事件の不可解さ

日曜日、速報で中学生女子が二年ぶりに保護されたというニュースを聞き驚いた。

実は、僕は誘拐の現場となった朝霞市からはほど近いところに住んでいて、
二年前から行方を探すビラで行方不明になっていることを知っていた。

昨年の地元の夏祭りのときは張り紙が貼ってあり、
何処に今いるんだろうか、解決することはあるのだろうかと思っていた記憶がある。… 続きを読む

硬貨の種類を考えたらその国の違いが見えてきて面白かった話

いま貴方の財布にはどれくらいコインがあるだろうか。
財布はパンパンにはしたくはないだろう。
でもせめて百円と10円と1円が数枚はそろっていて欲しいのではないか?
あまり多いと嵩張るが、お釣りでない程度には欲しいのが硬貨。
生活の一部となっていて余り気にならないかもしれないが、日本の硬貨は結構親切だと思う。… 続きを読む

足し算の順番にこだわると閃き阻害するんじゃ

かけ算の順番が小学生の教育で拘る教師がいるという話を前々から聞いていたが
どうやら足し算の順番も拘る教育があるそうだ。

『2人居ます。あとから3人来ました。』という場合は2+3と書かなければならないというよくわからない決まりらしい。

それについての僕のツイート

先生「1から100までを順に足しましょう。」少年ガウス「そうだ!100+1と99+2は同じだ。101を50かければ」先生「順番って言ったでしょう。不正解です。」そしてガウスは普通の人になった … 続きを読む